fc2ブログ

「ノミ」「マダニ」
ペットを飼っていれば1度は聞いたことのある寄生虫の名前かと思います。

この虫たちがどうやって感染するのか、ペットや人にとってどれほど危険かを知り、ペットたちを守ってあげましょう!


ノミ

ノミは体長2~3mmの昆虫に分類される生き物で、『卵→幼虫→さなぎ→成虫』という成長段階を経ます。
ペットや人に被害をもたらすのは成虫です。
ノミのライフサイクルblog


もし成虫を見かけたら、それは全体のほんの5%に過ぎず、残りの95%は未成熟のノミ(卵、幼虫、さなぎ)で環境中に潜んでいます。
気温13℃以上で繁殖が可能になるので、ペットたちが暮らす室内では一年中繁殖できてしまいます。
寄生後1~2日で産卵をし、平均2~3週間で成虫となります。ただし、さなぎの状態で長期間(最大約6ヶ月)生存する個体もあるそうで、ノミを駆除しきったと安心していたら、ある日突然ノミが大発生するといった事例が多々あります。


成虫はペットの身体の上で生活をします。
ペットの血液を餌とするため、吸血し、産卵します。

卵はペットの体表から落ち、ペットの寝床など環境中にばら撒かれます。
環境中で孵化し、幼虫→さなぎ→成虫と成長しペットへ寄生する、という自宅で繁殖サイクルが成立します。
卵やさなぎはとても小さく軽いため、埃に紛れて家具の隅などに潜みます。

一度もノミの被害に遭ったことがなく、外にも出ないペットでも『大丈夫』と言えないのがノミの怖いところです。
よく完全室内飼いのネコちゃんにノミが寄生していることがあります。
ノラ猫や野生動物がお庭やベランダに来てノミや卵を落としていったり、網戸越しなどで接触したり、人間が持ち込んでしまったりと、いつノミの被害に遭ってもおかしくないのです。


【ノミの駆除】

ワンちゃんやネコちゃんに動物医薬品(獣医師専売)の予防・駆除薬を決まったサイクルで通年欠かさず投薬することです。
薬の特徴としては、現在寄生しているノミの成虫をすばやく駆除したり、産み落とされた卵や幼虫の成長をストップさせたりします。(製品によって特徴は異なる)
また、1度の使用で駆除効果はしばらく持続します。(製品によって効果期間は異なる)

つまり、
『直接害のある成虫を駆除し続ける→卵が減る→幼虫・さなぎが減る→寄生する成虫が減る・全滅する』
ということです。

※市販のノミ予防薬(動物医薬部外品)について
主にノミを近寄らせない忌避薬が主成分であるものも多く、また、その忌避効果も高くないのが実情です。
製品によってはある程度の成虫駆除効果が認められるものもありますが、動物医薬品に比べると効果はかなり落ちます。



【環境の駆除】

  • 掃除機
    掃除機の届かない場所(例えばタンスの裏)にも卵やさなぎは潜んでいますので、掃除機だけでの駆除は難しいでしょう。
  • 洗濯
    ペットの使用するベットなどを洗濯して、卵などの未成熟なノミを除去します。ただし、未成熟のノミはペットの住む環境中のあらゆるところに潜んでいますので、洗濯だけでは充分な駆除は難しいでしょう。
  • 環境拡散型の殺虫剤(市販の家ダニなどを駆除する蒸散タイプのもの)
    環境中の幼虫には効果があります。ただし、これらの殺虫剤はペットにも害がある場合があり、中毒を起こす可能性もあるので、使用にはかなりの注意が必要であることと、卵やさなぎには効果がありません。


【ノミによる被害】

  • 強い痒みや湿疹などの皮膚病(ペット、人)※1
  • ノミアレルギー※2
  • 貧血
  • 瓜実条虫(通称サナダムシ)寄生※3
  • 猫ひっかき病(人への被害)※4
※1 人も間違って吸血され、ひどい痒みや皮膚炎に悩まされることがあります。
※2 ノミアレルギーはノミの唾液に反応してひどい皮膚炎になります。ノミの寄生数にかかわらず、一匹のノミに刺されるだけでもアレルギー反応を起こします。
※3 瓜実条虫とは犬猫の消化管寄生虫のことです。ペットが瓜実条虫の卵を持ったノミのをグルーミングなどで飲み込むことにより、瓜実条虫の寄生が成立します。
※4 バルトネラ菌という菌を持ったノミに吸血されペットが感染します。ペットは無症状ですが、感染したペットに引っ掻かれた人が、リンパ節の腫れや発熱などの症状を起こします。



マダニ

マダニは卵→幼ダニ→若ダニ→成ダニと成長し、卵以外の成長段階で吸血します。
マダニサイクルblog

マダニは特に春~秋にかけて活発になり、草むらなどに生息し、葉の裏などで寄生できる相手が来るのを待ち、相手が来たら体表に乗り移り、比較的柔らかい皮膚に吸血します。あらゆる動物(人も含む)に寄生します。
皮膚に食いつく時、麻酔に似た成分を分泌するため、食いつかれていることに気づかないことがほとんどです。食いついてから2~3日であごは皮膚内に硬く固定されます。
数時間~数日かけて吸血を続け、お腹がパンパン(飽血)になるとあごを離し、環境中に戻ります。そして脱皮し、次の段階へ成長もしくは産卵します。


【駆除方法】

  • ペットへ寄生している場合は専用の駆除・予防薬(動物医薬品)を使用する※1、※2
  • 人へ寄生していたら皮膚科へ受診する※2
    ※1 市販の駆除・予防薬は動物用医薬部外品のため、効果は低いので、動物病院で動物用医薬品の使用をお勧めします。
    ※2 無理にマダニを皮膚から引き離そうとすると、食いついたあごが皮膚内に残り、炎症を起こす可能性や、マダニの腹部を押すことでマダニの体液が皮膚内に注入されてしまう可能性があるので、決して無理に取り除こうとはしないようにしてください。


【予防】

  • ペットは動物医薬品の予防薬を定期的に使用する
  • 散歩などから戻ったらブラッシングなどを行い、食いつく前のマダニを取り除くようにする
  • 人は犬の散歩時、長袖・長ズボンなどでなるべく素肌を隠して行く
  • 虫除けスプレーなどを衣服に噴霧しておく(完全に寄せ付けないわけではありません)
  • 帰宅後は衣類にマダニが付いている可能性があるので、着替える

    マダニ対策blog


【マダニによる被害】

  • 貧血
  • 無理に取り除き残ったあごによる皮膚炎
  • 犬バベシア症の感染※1
  • 猫ヘモプラズマ症の感染※2
  • SFTS(重症熱性血小板減少症)の感染※3
  • そのほか多数の人獣共通感染症の感染※4
※1 バベシア原虫を持ったマダニに吸血され感染する犬の感染症(人に感染するバベシアも別にあるらしい)。原虫が赤血球に寄生し、赤血球を破壊する。それにより貧血、発熱、黄疸、元気食欲減退などの症状が表れ、死に至ることもある。
※2 マイコプラズマという細菌がマダニを介して感染する猫の感染症。貧血、発熱、黄疸、元気食欲減退などの症状を表す。また、感染した猫による咬傷感染や母子感染もすると言われている。
※3 SFTSウイルスを持ったマダニに吸血され感染する人獣共通感染症。発熱や消化器症状、リンパ節の腫れ、出血などの症状があり、死に至ることもある。また、感染した動物から人へ感染した例も報告されている。
※4 ライム病、日本紅斑熱、ツツガムシ病などなど、マダニは多くの病原体の媒介をします。




スポンサーサイト



ペットドック

今年の夏はとっても長かったですね。
そして11月になり急に寒くなるという、身体にはと~ってもしんどい気候となっております…。
体調不良を感じている飼い主様も多いはず!!

ペットたちも同じです!!!
なんとなくしんどい…だるい…いまいち覇気が出ない…
と思っている子がいるはずです。
ただ、言葉でそれを伝えてはくれません。
なのでペットドックを受けて、ペット達の状況を把握してあげませんか?

当院では年中キャンペーン価格でペットドックをお受けいただけます!!
具合が悪くなって受診して同じ検査を受けるよりも、半額ほどお得にっっ!!!
また、早期に身体の不具合をキャッチすれば、簡単な治療で済むかもしれません。

ご家族が笑顔で冬を過ごし、うららかな春を迎えられるよう準備しませんか?




熱中症に注意

ここ数年四季をあまり感じられず、寒かったと思ったら急に暑くなって、あっという間に毎日猛暑日…なんて状態で、昔のままの暑さ対策では対応しきれない様になってしまいましたね。

飼い主さんたちも、急激な気温や湿度の変化に疲労感を感じている方も多いと思います。

こういった時期は免疫も下がり、熱中症になりやすく、ワンちゃん・ネコちゃんも熱中症により体調不良を起こしたり、救急でで受診する子が増え、中には命を落としてしまう子もいます。

熱中症は正しく気をつければ防ぐことの出来る病気です。

熱中症予防や、熱中症になってしまった時の症状・対処法について知っておきましょう!

【 熱中症のしくみ 】



  • 気温の上昇により体温が上昇し、汗をかけない動物たちは『パンティング』(ハアハアやハッハッと口を開けてする呼吸)で体内の熱を下げようとする

  • 過度のパンティングにより更に体温が上がってしまう

  • 過度のパンティングにより水分が蒸発し脱水になり、血液が濃くなってしまう

  • 過度のパンティングにより血液のpHが『酸性』に偏ってしまう(本来、身体は各臓器が正常に機能できるようにするために血液のpHを一定に保つようになっている)

  • 重度の脱水や血液の酸性化などにより、心臓や腎臓、脳などに大きな影響が出てしまう






【 熱中症の兆候と症状 】



  • 呼吸が激しくなる

  • 呼吸時にゼエゼエと音が鳴る

  • よだれが出る

  • 体温上昇(耳の穴や内股などに手を当てると、いつもよりも熱く感じる)

  • 口の中(舌や歯茎など)が鮮やかな赤色になる

  • 脈が速くなる(内股で脈が触れる場合がある)

  • 元気がない

  • 食欲がない

  • 嘔吐

  • 下痢

  • 血便

  • 血尿

  • 尿が出ない

  • ぐったりする

  • 立てない

  • おかしな行動が見られる

  • 意識もうろう

  • 意識消失

  • 痙攣

  • お腹などにまだらなアザ


…などなど

【 重症度による対処方法 】


レベル①


意識はある、過剰な呼吸(パンティング)、自力で飲水できる、元気がない

  1. 冷えた場所(室温20℃程度)で安静にさせる

  2. 飲水させる

  3. 同時に動物病院へ連絡

  4. 動物病院の指示に従って動物病院へ受診


レベル②


意識が低下、もしくは自力で飲水できない、高熱がある

  1. 冷水(15℃程度の常温水)で首から下を濡らす ※誤嚥の危険があるため水を飲ませないようにする

  2. 首・脇・足の付け根に保冷剤を当てる

  3. 同時に動物病院へ連絡

  4. 動物病院の指示に従って、速やかに動物病院へ受診


熱中症フローチャート


熱中症冷やしポイント

【 熱中症予防の『知っ得!』ポイント 】

自宅編



  • 温湿度計を動物のいる位置に設置する(エアコンの設定温度と実際の温度・湿度は違う)

  • 湿度も苦手(最適湿度50%~60%)

  • エアコンは冷房だけではなく、除湿や除湿冷房を使い分ける

  • エアコンと扇風機などで部屋全体を涼しくする

  • 気温が上昇し始めた頃(5月頃~)からエアコンを動かす(元気な子で室温22℃~25℃程度)

  • パグやフレンチブルドッグなどの短頭種はより早い時期からエアコンを必要とする

  • 扇風機だけでは、体表に汗をかけない動物は大して涼しく感じない(人間が風に当たって涼しく感じるのは体表の汗が冷えるため)

  • 夜でもハアハアと呼吸をしている場合は暑いと感じている可能性がある

  • 常にお水が飲めるようにする

  • 冷房が嫌いな子(特にネコちゃん)も、冷房の効いた部屋の近くで涼んでいる

  • しっかり睡眠をとらせる

  • しっかり栄養を摂らせる

  • 動物の様子をよく観察しておく




屋外編






  • 日中の散歩はさせない

  • 日暮れ後でも高湿度などで暑い場合がある

  • 散歩の前に地面を触って熱くない事を確かめる

  • 人間よりも低い位置にいる動物は、アスファルトの照り返しなどの熱を直に受ける

  • 動物が嫌がるときは、無理に散歩に連れ出さない

  • やむを得ず外出させる場合は、日陰などで休憩や飲水をこまめにさせる

  • キャリーバッグの中はサウナのようになっている場合がある

  • キャリーバッグの中や周りに保冷剤をセットする

  • 川や海などで水に浸かっていても、直射日光を浴びてしまい体温上昇することがある

  • 動物の様子をよく観察しておく







車内・旅行編

  • 車の中は通常室内よりも気温が上がりやすい

  • 長時間の移動をする場合はこまめに休憩や飲水をさせる

  • 動物単独で車内で留守番させない

  • 車酔いをする子は事前に酔い止めなどの相談をかかりつけ獣医にしておく

  • 旅行先でも動物の生活のリズムを出来るだけ乱さない

  • 食べ慣れた食事や食器を準備しておく

  • お気に入りのマットなどを準備しておく

  • 旅行先や道中で相談できる動物病院をリサーチしておく

  • 動物の様子をよく観察しておく







高齢・持病のある子編

  • 高齢、持病のある子は室温や湿度の管理を徹底する必要がある

  • 高齢の子は日常的に脱水している場合があるため、室内でも熱中症になりやすい

  • 高齢の子は飲水量が減っている場合がある

  • 高齢の子は多少暑いと感じても、涼しい場所に移動しない(できない)ことがある

  • 高齢の子は若い頃に比べて暑さに鈍くなっていることがある

  • 持病のある子は気温や湿度などのちょっとした事が身体の負荷になってしまい、熱中症のリスクも高く、重症化しやすい

  • 心臓に持病のある子は呼吸や脈拍、血圧が乱れやすいため、熱中症のリスクも高く、重症化しやすい

  • 腎臓に持病のある子は普段から脱水しやすく、血圧も高くなりやすいため、熱中症のリスクも高く、重症化しやすい

  • てんかん発作のある子は発作時に体温が上がってしまうため、熱中症のリスクも高く、重症化しやすい

  • 動物の様子をよく観察しておく


ワンちゃんやネコちゃんは身体に熱がこもりやすいので、あっという間に熱中症になってしまいます。
軽い熱中症であれば命を助けることも出来ますが、重症度が上がってしまえば致死率も上がってしまいます。
当たり前ですが、自分でエアコンを操作したり、水道をひねってお水を飲んだりも出来ません。
言葉で不快を訴えてくれない代わりに、呼吸の仕方などの態度で不快を教えてくれているかも知れません。
普段からワンちゃんネコちゃんの様子をよく観察し、「あれ?いつもとちょっと違う!」と気づいてあげてください。
また、ニュースなどで「高齢者などは熱中症のリスクが高くなってきます」などのフレーズを耳にしたら、お家のワンちゃんネコちゃんの熱中症リスクも高まっていると思ってください。




ネコちゃんの健康診断セット

【基本検査内容】
  • 身体一般検査
 (体重測定、体温測定、脈拍、粘膜の様子、皮膚皮毛の様子、関節の様子、眼の様子、
  口腔内の様子など)
  • 心電図検査
  • レントゲン検査(胸部・腹部 各2方向撮影)
  • 血液検査(外部検査センターにてデータ解析)
 (血球数測定:赤血球数、白血球数、血小板数、脱水の有無、貧血の有無など、
  血液化学検査:腎機能、肝機能、中性脂肪、血糖値など)

【料金】
基本価格 ¥19,800(税別)


【オプション検査】※別途料金が発生いたします
  • 猫エイズ・猫白血病 ウイルス検査
  • 尿検査
  • 糞便検査
  • 各種ホルモン検査
  • エコー検査
       など

【注意事項】
☆完全予約制です
☆日帰り検査です
☆検査結果のご報告は後日となります
☆オプション検査は必要に応じて当院より推奨させていただくことがございます
☆心臓病などの持病のある子でも受けられます
☆具合が悪いなどの診察でご来院の際の検査は、同じ検査を行ったとしても、料金は適応外とさせていただきます
☆ネコちゃんの性格によっては基本検査が充分行えないこともございますが、行えた検査内容によって、料金は基本価格でご請求になる可能性がございます



ワンちゃんの健康診断セット

【基本検査内容】
  • 身体一般検査
 (体重測定、体温測定、脈拍、粘膜の様子、皮膚皮毛の様子、関節の様子、眼の様子、
  口腔内の様子など)
  • 心電図検査
  • レントゲン検査(胸部・腹部 各2方向撮影)
  • 血液検査(外部検査センターにてデータ解析)
 (血球数測定:赤血球数、白血球数、血小板数、脱水の有無、貧血の有無など、
  血液化学検査:腎機能、肝機能、中性脂肪、血糖値など)

【料金】
基本価格 ¥19,800(税別)
     
【オプション検査】※別途料金が発生いたします
  • フィラリア検査
  • 尿検査
  • 糞便検査
  • 各種ホルモン検査
  • エコー検査
       など

【注意事項】
☆完全予約制です
☆日帰り検査です
☆検査結果のご報告は後日となります
☆オプション検査は必要に応じて当院より推奨させていただくことがございます
☆心臓病などの持病のある子でも受けられます
☆具合が悪いなどの診察でご来院の際の検査は、同じ検査を行ったとしても、料金は適応外とさせていただきます
☆ワンちゃんの性格によっては基本検査が充分行えないこともございますが、行えた検査内容によって、料金は基本価格でご請求になる可能性がございます