FC2ブログ

大切なペット達にマイクロチップは入っていますか?


「マイクロチップ」とは?

動物の体内に埋め込む電子標識器具で、世界で唯一の15桁の数字が記録されており、動物の個体識別の方法として世界中で用いられるものです。
簡単に言ってしまえば、
名札のように外れて落ちる心配の無い、動物の身元証明です。

マイクロチップが入っていると、迷子や災害時、盗難や事故など飼い主と離れてしまう事があっても、専用の読取器で読み取り、データベースで照会すれば、飼い主の元へ戻ってくる可能性が高まります。
でも、動物の体内に埋め込むのってちょっと不安ですよね。
なので、ちょっと「マイクロチップ」のあれこれをご紹介しますね。


【形状】直径2mm、長さ12mmのカプセル型
【材質】カプセル部分は生体適合ガラス 内部は電子回路、コンデンサ、電磁コイル
【埋め込み方法】専用の注射器で注入(通常の注射程度の痛み)
【耐久性】30年程度
【安全性】現在に至るまで、故障、外部医からの衝撃による破損事故等の報告無し
また、生体適合ガラス(鉛を含まないガラス)を使用しているため無害
【使用対象】哺乳類、鳥類、は虫類、両生類、魚類
【(犬猫)使用可能年齢】犬---生後2週齢  猫---生後4週齢
【個体識別方法】15桁の番号
※この番号を専用の読取器(全国の動物愛護センター、保健所、動物病院などに配備)で読み取る

「マイクロチップ」についてはだいたいわかって頂けたかと思います。
ただ、マイクロチップは装着しただけでは身分証明の意味はありません。
装着した後に、AIPOという機関に登録をして、はじめて身分証明として有効になります。
AIPOと登録手続きについてもご紹介しますね。


「AIPO」とは?

Animal ID Promotion Organization(動物ID普及推進会議)の略称です。
マイクロチップによる動物個体識別の普及推進を行っている組織です。
AIPOの構成団体は「(公社)日本動物愛護協会」「(公社)日本動物福祉協会」「(公社)日本愛玩動物協会」「(公社)日本獣医師会」です。
このAIPOが、日本でのマイクロチップのIDを管理しています。


登録手続きの方法

 ①動物病院でマイクロチップ装着
     ※当院では事前にご予約が必要です。

 ②登録申し込み用紙に必要事項記入(獣医師・飼い主)

 ③AIPOへ登録料(¥1000)振込(飼い主)

 ④登録申込書をAIPOへ送付(飼い主)

 ⑤AIPOより登録完了通知が届く

これでAIPOのデータベースに飼い主名、住所、連絡先、マイクロチップ番号、動物名、動物種、毛色、生年月、性別などの情報が登録されます。


費用は?

各動物病院によってマイクロチップ装着の費用は異なります。
ちなみに当院では
1匹あたり¥5500+消費税(※2019年より価格改定)です。
また、AIPOへの
登録料として¥1000必要です。


地震の多い昨今、防災対策のひとつとして、ペットへのマイクロチップ装着をしませんか。







スポンサーサイト