fc2ブログ

【イエロードッグプロジェクト】ってお聞きになったことはありますか?

健康上の問題や性格的な問題、トレーニング中など、様々な理由で他の人や他のペットとのコミュニケーションを避けたいワンちゃんが『距離をおいて、そっと見守っていてください』というメッセージとして、黄色のリボンやバンダナ、ベストなど黄色いものを身に着ける取り組みです。
イエロードッグプロジェクト

2012年にスウェーデンから始まった取り組みで、その趣旨に賛同したアメリカ・オーストラリア・カナダの有志が基金を立ち上げ、大きなプロジェクトへと成長し、世界中に広まりつつあります。
日本でもこのプロジェクトを多くの人へ広げようとSNSなどで拡散している団体や個人の方もいますが、残念ながらまだ認知度が低いのが現状です...。

当院もこのプロジェクトに賛同し、飼い主の方々に「是非知ってほしい!!」と思います。


もし、黄色いものを身に着けているワンちゃんがいたら、以下のような理由があるかもしれません。
どうか、ジッと目を見ないで、近寄らないで、声をかけないで、そっと見守ってあげてください。

  • 健康上の理由で他のワンちゃんや人と距離をおいてほしい
  • 怖がりさんでワンちゃんや人に近寄ってほしくない
  • トレーニング中
  • 社会復帰のための訓練中
  • その他


また当院では、ネコちゃんにも是非このプロジェクトのメッセージを反映できればと思っております。


病院の待合室では、何かしら健康に不安を抱えていたり、苦手な病院に来て緊張していたり、もともと臆病な性格だったり...と、『そっと見守っていてほしい』と感じているワンちゃんやネコちゃん、そして飼い主さんがいます。
是非、そんなワンちゃん・ネコちゃんの飼い主さんは黄色いリボンなどを目立つところに着けてあげてください。
そして、黄色いものを身に着けているワンちゃんやネコちゃんと待合室で遭遇したら『そっとしてあげて』ください。

当院の待合室は狭いので距離をとるのは難しいですが...目を見ないであげたり、声をかけないであげたりなどの配慮をしてあげてください。


このメッセージが動物好きの方だけでなく多くの人に周知されることで、ワンちゃんやネコちゃん、人とのトラブルを未然に防ぐこととなり、より良い関係性を築け、皆にとって住みやすい社会へとつながるのだと思います。

皆さんも是非【イエロードッグプロジェクト】をお友達などに広めてください。



スポンサーサイト



マダニ被害

今年はマダニによる感染症(人に対して)の報告が多いようです。

日本の感染症法では「4類」に、6種類のマダニ媒介感染症が分類されています。
医師はこれらの感染症の診断を報告する義務があり、国立感染症研究所の1週間毎の集計によると、7月2日時点で過去最悪のペースで増えているそうです。


マダニ媒介感染症の報告で多いものとしては、『日本紅斑熱』『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』で、マダニ媒介感染症の90%を占め、『ライム病』『回帰熱』も少数ですが報告があるそうです。
『ダニ媒介脳炎』『野兎(やと)病』の報告はここ数年はないそうです。

実はマダニが媒介する感染症はこれらだけではなく、近年新しく発見されたものなどもあり、日本での患者が確認されていないものなど10種類以上あるそうです。

専門家の見解としては、マダニ媒介感染症の増加は、地球温暖化に伴い、イノシシやシカの生息地が広がったためとのことです。


『日本紅斑熱』『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』は西日本、『ライム病』『回帰熱』は北海道での報告だそうですが、コロナ禍の規制がなくなった今、多くの人が日本中を移動するので、関東にこれらの病気が入ってくるのも時間の問題かもしれません。


マダニは様々な動物に寄生し、近隣の公園や草むらなどにも潜んでいます。
また、人の感染症だけでなく、ワンちゃんやネコちゃんにも感染症を媒介します。


ワンちゃん・ネコちゃんにはマダニ予防薬を使用し、私たち人は服装などで防御しましょう!!


マダニ対策

ネクスガード犬猫LINE

2022挨拶

新年 明けましておめでとうございます!

昨年は新型コロナウイルスの流行や院長の病気などで例年以上にバタバタと過ぎて行き、
多くの方々にご迷惑やご心配をお掛けし、多くの方々に助けていただいたり、温かく声をかけていただいたりと、本当に感謝してもしきれないほど皆様の思いやりに支えていただいた一年でした。
ありがとうございました。

まだ、院長の体調は本調子とは言えないため、本年もご迷惑やご心配をお掛けしてしまうことがあるかもしれませんが、真心をこめて皆様の大切なしっぽのあるご家族たちの健康を支えるお手伝いをさせていただきます。
本年も どうぞよろしくお願いいたします。




新年明けましておめでとうございます! 
本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

昨年中は、新型コロナウイルス感染予防対策として、皆様にはマスクの着用やお車での待機などなど、沢山のご協力をありがとうございました。
皆様のご協力により、他の患者さまや私たちスタッフの健康も守っていただき感謝しております。
しかし残念ながら、未だ新型コロナウイルスの収束には至っておりません。
引き続きの感染予防対策のご協力をお願いいたします。 

このコロナ禍で生活が変わり、人との関わり方が変わりました。ただその反面、動物との関わりが一層高まっている方が増えている様に感じます。
動物との時間が増えた分、今まで以上に僅かな変化に気付き、ご相談に来られる方が増えました。それは「早期発見」であり、「早期治療」に繋がっています。 

本年も、皆様の「気付き」など様々なご協力を頂きながら、動物たちとの幸せな日々を守るお手伝いをさせていただくため、スタッフ一同精進して参ります。 

令和3年1月 さとう動物病院 スタッフ一同
 


新年あけましておめでとうございます!!
2020年寒川ねぶだ
おかげさまで、新元号初めての新年を無事に迎えることができました。
本年も変わらず、より多くの動物達、飼い主様達が健康で幸せな日々を送れるよう、スタッフ一丸となってお手伝いさせて頂きます。
よろしくお願い致します。