fc2ブログ

大切なペット達にマイクロチップは入っていますか? 
 
「マイクロチップ」とは?
動物の体内に埋め込む電子標識器具で、15桁の数字が記録されており、動物の個体識別の方法として世界中で用いられるものです。
簡単に言ってしまえば、
名札のように外れて落ちる心配の無い、動物の身元証明です。

マイクロチップが入っていると、迷子や災害時、盗難や事故など飼い主と離れてしまう事があっても、専用の読取器で読み取り、データベース(データベースにアクセスできるのは自治体と警察のみ)で照会すれば、飼い主の元へ戻ってくる可能性が高まります。
でも、動物の体内に埋め込むのってちょっと不安ですよね。
なので、ちょっと「マイクロチップ」のあれこれをご紹介しますね。


【形状】直径2mm、長さ12mmのカプセル型
【材質】カプセル部分は生体適合ガラス 内部は電子回路、コンデンサ、電磁コイル
【埋め込み方法】専用の注射器で注入(通常の注射程度の痛み)
【耐久性】30年程度
【安全性】現在に至るまで、故障、外部医からの衝撃による破損事故等の報告無し
また、生体適合ガラス(鉛を含まないガラス)を使用しているため無害
【使用対象】哺乳類、鳥類、は虫類、両生類、魚類
【(犬猫)使用可能年齢】犬---生後2週齢  猫---生後4週齢
【個体識別方法】15桁の番号
※この番号を専用の読取器(全国の動物愛護センター、保健所、動物病院などに配備)で読み取る

「マイクロチップ」についてはだいたいわかって頂けたかと思います。
ただ、マイクロチップは装着しただけでは身分証明の意味はありません。
装着した後、30日以内に環境大臣の指定する機関(公益社団法人日本獣医師会)へ申請、登録(義務)が必要です。

【 マイクロチップ装着の流れ】
  1. 動物病院でマイクロチップ装着(5500円+消費税)
      ※当院では事前にご予約が必要です
  2. 獣医師が「マイクロチップ装着証明書」を発行 
  3. 装着後30日以内に申請(オンライン申請 300円クレジットカード決済・2次元バーコード決済)(紙の申請書での申請1000円銀行振込・コンビに決済) 
      ※申請時に獣医師発行の「マイクロチップ装着証明書」を添付
  4. 登録が完了すると「登録証明書」が指定登録機関より発行


    地震などの自然災害の多い昨今、防災対策のひとつとして、ペットへのマイクロチップ装着をしませんか!!


スポンサーサイト